スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CLOCK ZEROへの愛とか


こんにちは~♪


7月ですね!
7月と言えば、私がCLOCK ZEROをプレイして1周年なんです。

知らん!って感じですよね^^;

でもね~本当に私にとってはいつまでも特別なゲームなのです。
今でもこのゲームを超えるものはありません。なんかもうぶっちぎり。

で、今日はただつらつらと思いの丈を書いていこうと思います。ちょこちょこ小さいネタバレするかもしれませんので、未プレイの方はお気をつけくださいませ。
あと続きから、高ぶってしまった何かがあります…すいません。。。



CZはわりと暗くて救いのない部分もあるので、人を選ぶのだろうなーとは思います。

ただひたすらに私の琴線をじゃかじゃかかき鳴らしたとしか言いようがないですね。。
でもみなさんそういう作品ってあるんじゃないかしら、と思います。
やっぱりハマるきっかけ、みたいなのが多いんでしょうか。

私もしっかりしたシナリオの乙女ゲームはCZが初めてで、新鮮さもあったかもしれないなーとか思ったりします。
なにせプレイ始めた直後は小学生と大人が同じ人だと半分くらい気づいてなかったんですよww

見た目一緒の人は気づいてましたが(トラとか)
鷹斗は全然気づいてなくて、もしかしてこのひと鷹斗なんじゃない!?
とかドキドキしてたという…(今思うとすごく恥ずかしい)

ええ、声優さんが同じ人だとも気づいておりませんでした…。

当時は声優さんを全く気にしてなかったんですよねー。

りったんとかマジで分からなくて、声優さんすごすぎる!と思ってました。。。
さすがにちょっと痛いでしょうかね。。

なので乙女ゲベテランの人の数倍は楽しんでいたわけですが(笑)ラッキーww


小学生と大人の両方を見られる、というのも大きなポイントだったような気がします。
キャラの心情や状況がよく分かって、感情移入しやすかった。

約2名を除いて、「主人公以外にも大事なもの、ゆずれないものがある」というところも好きです。
そのあたりとの葛藤がうまく描かれていたなーと思います。

その約2名の執着の理由もほんとにしっかり描いてあって、だからこそ彼らのとる常識を外れた行動に切なくなるんですよね。
納得できていないと、どうかと思うようなことなので。。


まあ、悪いところがないと思っているわけでは全くなく…プレイしながらそうとうつっこんでましたww

いちばん苦笑いしたのは「私には医学の知識がある!!」と撫子ちゃんが叫ぶところですw
また小学生が可愛いこと言っちゃって…ってイヤイヤ危険だから!!!

誰かさんの満を持しての初登場の格好で爆笑したのもいい思い出です(´ー`)


そのほかにも色々ありますが、そんなことはまあいいんです!
惜しいなー!とも思いますが、いいんです!

こんな風にすごく好きな作品があって、そのことをお話できる方がいて、私は幸せなんです…!


ずるずると私を乙女ゲの世界へと引きずり込んだゲームではありますが、いつかCLOCK ZEROを越えた!というゲームに出会ってみたいな、とも密かに思います。


それを楽しみに、今日も私は乙女ゲーをするのです。







そして、、、前にちらっと二次創作をしてみたいなどとほざいていたのですが…。

病院と実家であまりにも暇で悶々と考えていたお話を、あるとき気持ちの高ぶりとともに書いてしまいました。。

本編とは若干違った方向への愛が詰まっています。
攻略キャラは誰もでてきません…。

そーっと畳んでいますので、読んでもいいよ!という奇特な方がいらっしゃいましたら続きから、ぜひ。。
(なんか吐きそうになってきた。。。)


*注意

・レイン主役
・本編で容姿の描写のないキャラの捏造、がっつり登場。
・ムダにシリアス
・微妙に長い
・撫子でてくるけど恋愛していない
・本編と矛盾があったらごめんなさい
・改行とかてきとう
・へたっぴ

以上のことが許せる方でお願いいたします。。

愛だけは込めました。。






+ Read More

スポンサーサイト

CLOCK ZERO 小説感想

小説 CLOCK ZERO~終焉の一秒~ 黄昏に咲く花小説 CLOCK ZERO~終焉の一秒~ 黄昏に咲く花
(2012/11/22)
黒田サチ

商品詳細を見る



年末くらいに読み終わってたのですが、なんだかあまりレビューする気になれずほったらかしてしまいました。
発売が決定したときはテンション上がったんですが、どんどん微妙な気持ちになっていって買うのも迷ったんですが、小説という媒体が好きなので結局買いました。

でも…うーん。
レビューはゲーム本編と小説の結末に少し触れますので畳みます。
これから読まれる予定のある方は一応スルーで。
あと、小説に満足されている方も読まない方がいいかと思いますー。
結果的にぼろくそ言ってるかもです^^;
基本、オススメしませんというスタンスです。
以下、ネタバレで。

+ Read More

小説 CLOCK ZERO!


愛してやまないCLOCK ZERO~終焉の一秒~ の小説が発売されるとか!

そういえばだいぶ前のスタッフブログで書いてあったけど、
なんかもう発売されないのかと思ってました。。


小説 CLOCK ZERO~終焉の一秒~ 黄昏に咲く花

秋霖学園初等部に通う12歳の少女・九楼撫子。
撫子が学ぶ秋霖学園に一人の転校生がやってくる。 ──海棠鷹斗。
鷹斗は、製薬会社である海棠グループの一人息子。頭脳明晰で容姿端麗、さらに気さくな人柄なこともあり、鷹斗は瞬く間にクラスの人気者になる。
鷹斗とはじめ、幼馴染みの加納理一郎たちと、平穏な日々を送る撫子であったが、時折、暗く闇に彩られ荒廃した街を彷徨う夢を見るようになってゆくのであった……。
君と壊れた世界を生きるAVG「CLOCK ZERO」のアナザーストーリー。


アナザーストーリーというのはどんな感じなんでしょうかー。
たぶん鷹斗ルートだろうけれども、全員のルートを混ぜるとなると
かなり展開が変わりそうですね。

イラストがナガオカさんじゃないのが残念でならない~!
あの絵がCZの魅力の一つだと思うのですが、、まあ文章だししょうがないですねー。(レイン口調)

しかも11月22日とかもうすぐだし。
スタッフブログで告知あったのかな?

まあ、でもまだ終わってない感じがして嬉しいです。
予約せねば♪


最近円ルートを再プレイしてまた泣きました…。
何回やっても感動する気がする…

b_01.gif

CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ Portable

CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ Portable(通常版)CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ Portable(通常版)
(2011/10/13)
Sony PSP

商品詳細を見る


最初の紹介が乙女ゲーなのもなんなんですが
最近終わったゲームなので次に行く前に書いちゃいます。

乙女ゲームはこれが3本目。
ストーリーがおもしろかったと思ったのはこれが初めてです。
どうにも好みの話っぽいのでどうしてもやりたくて
これをやるためにPSPを買ったと言っても過言ではなく…。

やってみたらえらいはまりました~。
あ、ネタバレするのでやってない方は見ない方がいいですよ!
そして鷹斗の攻略は最後がおすすめです。





キャッチコピーは「君のいない世界なんて、いらない」

もう、この時点でノックアウトに近い。
廃墟好きなので、夢の世界もそうとうツボでした。

攻略はおすすめを調べて、理一郎→終夜→円→寅之助→鷹斗

理一郎は幼馴染ツンデレ。
ずっと撫子を大事に思っててよかった。
なぜか10年後の手紙で涙腺がゆるみました。
自分じゃなくても彼女が幸せであればそれでいいなんて
オトナな小学生だ…。

2週目は終夜。
いちばんいちばん悲しかった…。
なにこの残留エンド!ハッピーじゃないよ!?
そしてなにこのbad end!悲しすぎる!!
でも帰還end は幸せな感じでよかった。。

本当はここでトラを攻略しようと思ってたんですが
有心会に飽きたので(前ふたりの共通ルートが多かった)
円へ。
円は小学生のときのエピソードがすごくよかった。。
両親にはじめてわがままを言うエピソードはなんだか感動でした。
撫子に惹かれていく様子がかわいかった。

なのに…壊れた世界ではオマエは誰だー!
という変わりよう。目は、なんで細くなったんだ…弱視だから?
いや、私は好きだけど、細い目も。。
お話も好きで、この時点で円がいちばん。
でも、ここで初登場のメインヒーローに爆笑してしまう…。
なんだあのマントは!いくらキングだからって。。
しかも相当怖いというか気持ちわr…。。

そしてトラ。
これはもーなんていうか、エロいし病んでる。
ヤンデレっていうんですかね?
撫子ちゃん…心は小学生なのではなかったか。
とずっとつっこんでました。
しかも帰還end がびっくり~。
でもこういうのキライじゃないよ!
…好きだったよ、がせつなかった。

そしてそして、ラスボス鷹斗!
どうも円のときの印象が悪く(笑)引きぎみで始まる。
キスのくだりでさらに引く。
一緒に寝てでさらに…。
イヤ、でも大事に思う気持ちはよかった、うん。
悲しい人です、ほんとに。
個人的には鷹斗は小学生のときのほうが好きかな。
でも、この変態でお花畑な感じがいいキャラなんだ!

鷹斗ルートは帰還endを最後に見て
その後ひらいた「はじまりの記憶」でがつんとやられましたー。
やっぱりりったんがせつなすぎる…。。
そしてレインの黒い決意からの映画のようなエンドロールには
ぞくぞくして、終わってからちょっと放心しました…。

で。
最終的にがっつりはまったのが
攻略対象でもないレインでした。
黒幕だろうことは予測してたけど理由がせつない…。
あの、やる気ないしゃべり方とのギャップがよかったのかな。
声もすごく好きでした。

ただ、私はレインは撫子とくっつく展開は興味ないのです。
どうも少数派のような気がするのですが
彼には妹のレイチェルをずっと思っていて欲しい。
色んなひと巻き込みまくってどえらいことしたくせに
そんな簡単に変わらないでほしいなーという願望?
多少心を動かされても、そこは変わらないでほしいなあ。

お話的には鷹斗を思い通りにできず
炎の中消えていくラストが好き。
彼らしいと思います。

救済endはあれはあれで好きですけどね!
別の世界線ってことで!

いろいろ言いましたが、すべての(あ、長以外)キャラが好きです。
こういうのも珍しいんじゃないだろうか。
前の2本はムリだー…というキャラがひとりはいたので。
攻略対象以外の楓やカエル君もいいですよね。


しかしこのゲームはおまけがすごい。
しかもCGフルコンプしないとレインのCGコメント開かないとか
なにこの鬼仕様…。

まだ頑張れてません。
できるかなー…




プロフィール

こはな

Author:こはな
こんにちは。
こはなと申します。
すっかりただの乙女ゲとアニメブログですが
物語はジャンル問わず大好きです。
乙女ゲは永遠のCLOCK ZEROクラスタ。
プレイリストなどは→こちら


気軽にコメント頂けると喜びます♪


☆購入予定
 ・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
twitter
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。