スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死神と少女 最終感想

仕事の締め切り的なものを一週間早く勘違いしてたのに気づいて
ひゃっはー!とゲームをした私はダメ人間です…。
まあ、いいや。。

そんなわけで、死神と少女。
とりあえず全員攻略しました。

蒼が終わった後、私は妙に落ち込みました。。

「面白くなかったわけでもないのに、面白くなかった」

という気持ち悪い感想しか沸いてこなかったからです…。


最初の感想で「色々と許容範囲が広くないと無理かも」と書いたのですが
その時とは違う意味でそう思います。

私は許容しきれなかった…

押し寄せる「後はまかせた!!」みたいなファンタジーにあっぷあっぷです…。


いや、でもよくできたお話でした。
今までやった乙女ゲームとは全然違う。
ライターさんの「私がやりたいことを誰がなんと言おうとやるんだ」みたいなのが
ビシバシ伝わるゲーム。媚びないですけど何か。みたいな。

ストーリー自体はおもしろかった。
なるほどなあ、と思う。
ただ、私は演出の方法が好きではなかった。
結局いちばんはじめに懸念していた「美しい幻想物語」が決定的にだめだったのですね。


続きから死神と少女の感想というよりCLOCK ZEROの話(ネタバレ)
とか「自分と乙女ゲーム」とかしょうもない話です…

+ Read More

スポンサーサイト

死神と少女 遠野十夜感想



おにーさんの攻略です。


…いやあ、ほんとに不思議なゲームだ。。


続きからネタバレ感想です。

+ Read More

死神と少女 桐島七葵ルート感想

桐島先輩のルートが終わりました。

このルートをやって、このゲームがどういう風に進むのかやっとわかりました。

日生光→桐島七葵→遠野十夜→蒼

これが公式での推奨攻略順ですが、ストーリーを楽しむならこの順番は絶対ですね。
蒼くらいは制限があってもいいくらいだと思いますよ。。

日生先輩は4章が個別ルートで終わり。
桐島先輩のルートは日生先輩の4章共通ルートバージョンを通り過ぎて5章で終わり。
お兄さんは桐島先輩の共通ルートバージョンを通り過ぎてまた章が伸びるのでしょう。
で、最終的に一つの大きな物語になると。

なるほどな~。

今回のルート、とってもよかったです。
桐島先輩のお話もよかったけど、日生先輩の共通ルートバージョンが凄くよかった。
私はもうだんぜん、こっちのお話のほうが好きでした。
先にこっちをやってもよかったくらいです。
昼ドラとか言ってごめん、日生先輩…。

最後までやってないのでまだ分からないですが
このゲームは自分でいろいろと考えたり解釈したりするのを楽しむものなのかな。
今までやった乙女ゲームとは全然違う雰囲気のゲームです。

あ、桐島先輩に比べたら日生先輩のルートは充分甘さがありました、今思うと。。


ネタバレ感想畳みます。


b_01.gif

+ Read More

死神と少女 初回プレイ感想&日生ルート感想

死神と少女死神と少女
(2011/07/28)
Sony PSP

商品詳細を見る


どうにも気になってしまって買ってしまいました。。
やってみたらけっこう楽しくて、また色々ほったらかして
やってます。。
大きなネタバレは日生ルート感想で、畳みます。


ここではない遠い遠い東の国に、ひとりの美しい少女がおりました。
少女には兄がおり、いつも新作のお話を聞くのを楽しみにしていました。
「今度の物語は孤独な死神を主人公にしようと思っているんだ」

その物語は死神と少女が世界で一番美しい言葉を探す旅に出るというものでした。

ある日、時が止まったままの時計塔を見上げていた少女の前に不思議な青年が現れます。
記憶を失ったという青年が唯一覚えていること、それは自分が「死神」だということだった…。



だいぶ前から気になってはいたんですが、
けっこう高いのでなかなか踏み切れなかったゲーム。

いやー、評判どおりクセの強いゲームです。
主人公のアクの強さったら。。
黒髪ロングの美少女で、敬語キャラ。
情緒不安定で、冷めてるのに感情的。。
なんだかむしろギャルゲーの攻略対象のよう。

これを受け入れられなければ、厳しいですね。
感情移入という点においてはしにくいキャラだと思います。
あと女友達もけっこうクセありました。
主人公ラブ、ですが。

でもそんなに悪い子じゃないです。
いい子でも、ないですけど^^;
前評判でどんだけ嫌な子なのかとおもっていたけど
そんなに酷くなかったです、個人的には。


迷っていた一番の理由は「美しい幻想物語」というところだったのですが
確かに、章ごとにテーマとなる「童話」があってそのストーリーに沿うような
形で物語が進みます。
文章は地の文がしっかりあって、小説のようです。
言い回しがちょっとクドいので、ふだん小説を読まないならきついかな。。
キャラたちも演劇調、というか回りくどいセリフ回しだったりします。
でも、文章はきれいだと思いますし、読みやすかったです。
ノベルゲーム、といった感じ。
甘さもひかえめ…というか、ない、か、な。(日生ルートは)
でも先輩とても素敵だったので、よかったですけどね!
声も好きでした^^

絵は好みになってくるでしょうが、まああっさりしていてキライではないです。
ただ、立ち絵はすごくいいと思うのですがあまりスチルの絵が好きではなかったです。
立ち絵もときどーき変なのあったかも。。

ただ!攻略キャラの服装がツボです!
作品の雰囲気のためか、ほぼ全員シックな色使い。
微妙にトーンの違うグレイのシャツとジャケットとパンツという組み合わせが
多くてたまらない!
男の子はこういうシンプルでシックなのがいちばんです。
全体的な塗りの色味も好きですね。世界観に合っていると思います。


あと、共通ルートがとても長いです。
色んな出来事がえんえんと描かれます。
解決したような、してないような…。
これが後で関わってくるのかな?

私はこの共通ルートも楽しかったです。
ただ、日生先輩が全然出てこなかったりするので
ちゃんとルートに入ってるのか…?と不安になりましたけど。。
無事に入って、最初にグッドエンドを見たようです。
個別ルートがちょっとあっさり終わったなーという印象もありますね。

これ、ルートに入れないとそのまま共通ルートでネタバレするらしいので
気をつけたほうがいいかも。


なかなか人を選ぶゲームです。
CLOCK ZEROもけっこうなもんだと思ってましたが、そんなもんじゃないです^^;
色々と許容範囲が広くないと無理かもしれません。

肝心のストーリーは日生先輩はそこまでよかった!とは思えなかったけど
やってるときは楽しかった。
ただ、日生先輩ルートに関しては、作りこまれた話とは思いませんでした。
アマゾンかなにかのレビューで
「このお話を深いと感じるか、うすっぺらいと感じるかは人によるのでは」
というのがあったのですが、なんかそんな感じです。
うまく言えないですが。私としては「許容範囲内」といった感想^^;

でも皆さん口をそろえて(?)フルコンプしないと!!という感想だったので
楽しみにしてみます。

これはフルコンプできそうなので^^


日生ルート、ネタバレ続きから。

b_01.gif







+ Read More

プロフィール

こはな

Author:こはな
こんにちは。
こはなと申します。
すっかりただの乙女ゲとアニメブログですが
物語はジャンル問わず大好きです。
乙女ゲは永遠のCLOCK ZEROクラスタ。
プレイリストなどは→こちら


気軽にコメント頂けると喜びます♪


☆購入予定
 ・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
twitter
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。