スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくの地球を守って

ぼくの地球を守って (第1巻) (白泉社文庫)ぼくの地球を守って (第1巻) (白泉社文庫)
(1998/03)
日渡 早紀

商品詳細を見る



1987年から1994年に連載していたとても古い少女漫画です。
輪廻転生をテーマにしたSF漫画。
私はリアルタイムでは読んでいないのですが、すごい人気だったらしく
当時は前世ブームが起きたとか。
こういう題材は当時少なかったのでしょうね。
あまりにはまり込む人が、自分は登場人物の生まれ変わりだ!と本気になってしまい
作者が「これは漫画ですから」と宣言されたとか。。
なんかすごい。


東京の学校に転校してきた坂口亜梨子(ありす)は、偶然同級生の小椋迅八と錦織一成
が不思議な雰囲気で話すのを目撃する。
詳しく話を聞いた亜梨子は、彼らが同じ設定の夢を共有していることを知る。
夢の中で彼らは遠く離れた星の科学者であり、月にある基地から地球を見守っているということだった。
不思議な話に惹かれ、彼らと親しくなる亜梨子だが、
あるとき、同じマンションの隣に住む少年を誤ってベランダから落としてしまう…。


人物の描き方や絵柄にさすがに古さを感じますが
お話は今読んでも十分おもしろいです。
このあと、夢のなかの月基地のメンバーがそろい、最初は面白半分で夢のことを話すのですが
覚醒が進むにつれ、そこで何があったかが分かっていきます。
登場人物の一人の痛々しく悲しい前世での出来事が現世での償いを求めて暴走していく中、
前世である科学者たちの姿や星の話もしっかりと描かれます。


あんまり詳しいことが分からない方が初めて読む人にはおもしろいかなあ
と思うと書くのが難しいですね^^;
とても長い物語ですが、きちっと最後まで描かれています。
SFですが、愛情に飢えたひとりの人の不器用な愛情表現の物語かもしれません。
(やってることは酷いですけどー。そしてそういうのが好きだ)

少女漫画、と思わず男の人も楽しめる作品ではないかと思います。




それと!拍手を下さったかたありがとうございます!!
つたない文を読んでいただいてとてもうれしいです^^


スポンサーサイト

暗闇の果てで君を待つ

暗闇の果てで君を待つ (通常版) (特典無し)暗闇の果てで君を待つ (通常版) (特典無し)
(2009/10/22)
Nintendo DS

商品詳細を見る



記念すべき(?)私の乙女ゲームデビュー作。
なんとなく買ったDSをもてあましていたら友達が貸してくれました。
乙女ゲームかぁ~」
なんてやる気なくはじめたら…
何これおもしろいんですけど!
サスペンスで謎解きで脱出ゲーなんですけど!
と、あっという間にはまったのでした。
乙女ゲームってこんなんなんだーと思ってこのあと似たようなのを探したら
ぜんぜんなく、わりと特殊なものだと分かりました。
そりゃそうだよね…


林間学校のハイキングの途中で体調を崩した主人公。
何人かの生徒、教師とともにバスでキャンプ地に戻ることに。
しかし途中で事故に遭い、気がつくとバスに乗っていたメンバーと一緒に
なぜか見知らぬ廃校に閉じ込められていた。
そこには「仮面の死神」と名乗る者からの手紙があり、
廃校を脱出できなければ死が訪れると書かれていた…。


不穏なあらすじですが、ずっと不穏です(笑)
とりあえず選んだ相手との脱出を図るのですが、謎解きがあったり
相手を助けたりしないといけないのでずっとどきどきします。
時間制限もあったりして、スリリング。
しかもこういうゲームに慣れていなかったのでセーブを忘れて
ぼーぜんとしたりしました。。

本筋のストーリーがすごい良い、というわけではないのですが
最後に分かったときはすっきりしました。
どちらかというと、個々の悩みやトラウマなんかを聞いて主人公に懐柔されていく
のがおもしろかったかな。意外にえげつない過去を持ってる人がいたり。。

ただ、謎解きが一緒なので一回やると次からしんどいです。
変化があったりしたらよかったけど、さすがに無理かな。

あと、このゲームをやる上で絶対だと思われるのが、攻略順!
友達はいっさいの情報をくれなかったのですが、偶然にも真相を後回しにできて
ほんとうによかった…。最初にやったりしたら、投げてたかも。
私は 

風野太郎(他校生)→秋山朋(テニス部)→穂波陽介(テニス部)→葵水央(生徒会長)
→高坂貴彦(教師)→桜庭克己(幼馴染)

でやりました。しかしよく幼馴染を最後にしたなあ、自分!と思います。
特に問題はなかったですが、テニス部から攻略、がいいみたいですね。
後半の三人はこれがベストのようなので、奇跡的だと思う~

攻略対象者に犯人がいるのですが、そのルートがすごかった。
びっくりした。これ、だめな人はだめだろうな…。
まあまあエグイです。
全体的にめっちゃ死ぬので、苦手な方はご注意を。


キャラとしていちばん好きだったのは他校生の風野くん。
たぶん初めて「萌え」というものを理解した気がします…。
最初は全く興味なかったので最初に選んだのですが、
チャラくて感じ悪い、と思っていたらばものすごい苦労人で
だめな親の変わりに病気の妹の治療費を稼いでるとか…!
こういうのに弱いんですよねー。。
エンディングの唐突な感じも彼らしくてよかったです。


このゲームをやったのはたぶん3年くらい前。
そのあと乙女ゲーはやってなくて、また始めたのは最近です。
またおもしろいゲームに出会えると良いなー。

BLOOD ALONE

BLOOD ALONE 1 (電撃コミックス)BLOOD ALONE 1 (電撃コミックス)
(2005/02)
高野 真之

商品詳細を見る



表紙と設定に惹かれて買った漫画です。
写真の表紙は以前の出版社から出ているもので、今は講談社から出ています。
一応私が持っているのはこちらなので、こちらを載せました。


売れない小説家と探偵をしている青年クロエと吸血鬼の少女との
奇妙な暮らしと淡い恋物語。


よくも悪くもとても同人誌的な作品だと思います。
ざっくりとした設定は珍しいものではないと思いますが、吸血鬼についてなど
割と作りこまれていてそこが好きでした。

この作品を楽しむ人はたぶん二通りに分かれるのではないかなーと思います。
クロエとミサキの奇妙な生活と関係を楽しむ人。
作りこまれた設定と筋がどうなるか気になる人。

私は完全に後者なのですが、これがまた…。
とにかく出るのが遅く、ものすごい待たされます。
で、やっとでたー!と思ったらなんだか関係のない萌え萌え~とした話が延々…。
伏線だけはこれでもか!と張ってあるのに、、
そんなこんなで何にも分からないままもう8巻です。
8巻は読んでないのですが、ちょっと過去の話があるとか。。

凄く画力が高いとは言えませんが(バトルシーンはけっこうひどい。。)
とても好みの絵で、雰囲気もかなり好きなので惜しいとしか言いようがありません。

好きなように描きたいものを描いているような印象なので、
たくさんの人に受け入れられるのは難しいかもしれません。

私は「ストーリー」がやっぱり大事なので、この先そろえていくかはちょっと微妙。

でも前半はだいぶ楽しませてもらいました。
完結して、他の人の感想を見てから読むか決めようかな(笑)

すいか

すいか DVD-BOX (4枚組)すいか DVD-BOX (4枚組)
(2003/12/21)
小林聡美、ともさかりえ 他

商品詳細を見る


2003年に放送されたテレビドラマ。

リアルタイムですごく楽しみに見ていました。
でも絶対に視聴率はとれないだろうと思っていたし(実際ふるわなかった)
これを放送することを決めた日テレの人すごいな!と感心していたのでした。


信用金庫に勤める基子は30代半ばで親元暮らし。
平凡な日々をなんとなく過ごしていたが、ある日同期の馬場ちゃんが
3億円を横領して逃走。
そのことを機に親からの自立を考え出した基子は「ハピネス三茶」という下宿屋のチラシをみつけ、
売れない漫画家、大学教授、大学生の大家など、風変わりな人々との関わりの中で
少しずつ変わっていく。


リアルタイムで見ていた当時は20代前半で、
正直このドラマのテーマや深さはよく分かってなかったと思います。
ただ、古くて素敵な家に住む人々の日常が楽しかった。
それでもセリフのひとつひとつはとても印象に残っていて忘れられないドラマでした。
2年くらい前にDVD BOXを購入して再びみると、登場人物の生きにくさや息苦しさが
少し分かるようになっていて、さらに心に残ったのを覚えています。

特に売れない漫画家を演じたともさかりえさんがとても好きでした。
双子のお姉さんの悲しい思い出をひきずったまま
前に進めない女の子が、だんだんと自分を受け入れていく。

登場人物たちはみんなどこか悲しいことや生きにくさを抱えているので
重くなりがちなんですが、なんだか軽やか。
よく出来た脚本のおかげなんでしょう。
あと、俳優さんの演技も素晴らしかったですね。

ハピネス三茶のインテリアや絆やゆかのファッションなど
とても力を入れていて、それも大好きでした。

脚本家はご夫婦で執筆されている珍しいかたで、コアなファンが多いですね。
このすいかの後はアイドルを使った学園ものばかりであまり見る気にならなかった
のですが、やはりとてもいいらしいのでまた見てみようと思っています。
また大人向けのもの、みてみたいな。


ドラマのDVDを買ったのはこれが初めてで、まだこの一本だけです。
最後に謎が解けてどーん!みたいなドラマでは全くないので
何度でも見ます。見るたびに好きになる。そんなドラマです。

地味だし、めちゃくちゃ人を選ぶでしょうけど
気になった方は見てみるとはまるかもしれません。

マホロミ 1

マホロミ 1 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)マホロミ 1 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)
(2012/01/30)
冬目 景

商品詳細を見る



冬目 景の最近のコミックス。

この著者は遅筆で有名なうえに飽きると(?)途中で放りなげる
ようなところがあるのでちゃんと続くのか心配なんですが。。
「イエスタディをうたって」という作品も連載中なので
2巻はいつになるやら…。


建築家の卵の土神(にわ)は
ある日同級生の卯(あきら)と共に解体中の洋館を訪れる。
そこで見つけたドアノブに触れた途端、ないはずの扉の幻影を見る。
その夜に再び洋館を訪れた土神は謎の少女に出会い、
それが「建物の記憶」だと告げられるー…。


とにかく絵がうまいです。
アクのない私好みの絵に高い画力。
建築家、古い建物、洋裁が仕事の美少女、建物の記憶。
ツボすぎる!

ストーリーはまだ建物を巡る話のみで
そこそこ、といったところですが
建築家だった祖父と美少女との関係などが明かされてくると
もっとおもしろくなるかな、といった感じです。

主人公の住む、祖父の建てた家もかっこよくていい。
このマホロミの絵がいちばん好きなので画集のようにながめています。

これからが楽しみな漫画です。

あかく咲く声

あかく咲く声 第1巻 (白泉社文庫 み 4-1)あかく咲く声 第1巻 (白泉社文庫 み 4-1)
(2008/05/15)
緑川 ゆき

商品詳細を見る



夏目友人帳が大ヒット中の緑川ゆきさんの初連載作品。

夏目ももちろん大好きですが、こちらもおもしろいです。
もともと画力の高い方ではないですが、やはり初期作品なので
さらに粗いです。
でもなんだか雰囲気のある、魅力的な絵。
うまくないのが逆にいい味がある気がします。


女子高校生の国府佐和は、密かに同級生の辛島に思いを寄せていた。
偶然ビルに侵入する辛島を見つけた佐和は彼を追跡。
そこには狐の面をかぶった辛島がいた。
彼は声で人を暗示にかける特殊な力があり、警察の特殊捜査に協力していたのだった。
辛島と親しくかかわるうちに、彼女の思いも強くなっていく。


話すだけで人に暗示をかけ、思い通りにしてしまえる辛島くん。
でも本人は頼りなげな線の細い男の子。
声のことではいろいろ悩んだりしたのでしょう。
警察に協力しているのは、正義感からなどではなく
「なんでもよかったんだ。必要としてもらえるなら」
あやうい感情です。
でも佐和とかかわることによって、彼も少しずつ変わっていきます。

この物語の全体にはいつも寂しさのようなものが漂っていますが
それを含めてあたたかいというか。
辛島と佐和の周りのひとは寂しくあたたかい。

辛島の声のことを知りながら、広めずにいる友人たち。
辛島のせいじゃないと分かりつつも複雑な気持ちで佐和を心配する親友・会富。
彼の大事な理解者である警察の川口さん。
同級生の坂本くん。
みんなとても魅力的。

敵のひともすごくいいです。
悪いことしてるけどせつない過去がある、というのは私のツボです(笑)

人を操る声の表現もとても素敵で
幻覚をみせるシーンが何度かあるのですがとてもきれい。
佐和の恋心ともリンクしたりして、きゅんとします。

この作者はせつないものを描くのが上手ですね。
「蛍火の杜へ」という単行本の、表題作と「ひび、深く」もいいです。

夏目友人帳の6巻に収録されている「まなびやの隅」という
先生と生徒の恋愛ものもよかったなと思いました。

「ひび、深く」は兄妹のお話ですが
どちらも安易に流されず、(そういう話がちまたで多いので)
丁寧に心情を追った素敵なお話でした。

今は夏目が主なのでしょうが、短編も読みたい作家さんです。




STEINS;GATE(アニメ)

STEINS;GATE Vol.1【通常版】 [DVD]STEINS;GATE Vol.1【通常版】 [DVD]
(2011/06/22)
宮野真守、今井麻美 他

商品詳細を見る



ものすごく評価の高いSTEINS;GATE。
もともとはゲームですが、私はアニメしか見てません。
ゲームがものすごーく神らしいのでやってみたいけど
おもいっきりネタバレしてる状態で果たしておもしろいのか…。
中古で3000円切るくらいになったらやってみようかな…。

大きなネタバレはないつもりですが、1ミリも知りたくない方は見ないでくださいね。

発明サークルを主宰する大学生・岡部倫太郎は、
偶然にも過去にメールが送れるタイムマシンを発明し、実験を繰り返す。
そのことで過去に干渉し、世界は大きく変わり秘密を知った巨大な組織に狙われ
仲間の命を脅かすことになる。
岡部倫太郎は仲間と協力して過去を修正するために奔走するが…。


なーんの予備知識もないまま見ました。
最初は主人公、オカリンのへんな妄想(厨二病??)や
わけのわからんネットスラングについていけない感じ。。
でも冒頭で起こったことの真相を求めて見ていました。

どんどん進むにつれて内容は深刻さを増して行き
能天気だった彼らが追い詰められ行く感じにひきつけられました。

ケータイと電子レンジのタイムマシンは
タイムスリップではなくタイムリープ。(過去の自分に意識だけが飛ぶ)
オカリンだけがリープ後も以前の記憶を保っているため
他の仲間はリープするたび、きょとん。
もちろん説明すれば理解を示すけど、彼の孤独は見ていて苦しかった。

基本的に優しく、ひとりも放っておけない彼は
誰に対しても全力で守ろうとします。
特に幼馴染のくだりはつらかった…。
ひとりで見てたら泣いてましたね…。

このお話は多世界解釈が使われているんですね。
もちろん全然詳しくないのですが、
確かこのお話は、無数にある世界線は細い糸がからまったロープのようなもので
それが平行して無数にある状態。
一つ一つの束は同じ結末に向かうので、強く決まっている結果を変えることはできない
というような感じだったはず。(違ってたらごめんなさい)

先に書いたclock zeroの世界観も多世界解釈なんですよね。
一応、CZの方は選択や干渉の度に世界が分岐していくので
干渉した側のほうには影響がない、という設定だったはずなんだけども
ルートによってちょっと一貫してないところがあって、残念でした。。
clock zeroのレビューではそういえば全く世界観に触れてなかった。。
全体的にはぜんぜん違うけど、ちょっと似たエピソードもあったりします。
先にシュタゲをみたので、CZでは「あ」と思っちゃいましたが、
時空モノではよくある表現なのかな。


後半で回収されて行く伏線も見事で、
私には矛盾も破綻もなかったように思います。
でもアニメなのでルートが限定されているのでゲームをやると
もっと深く理解できるのかもしれません。
まゆしーが可愛かったので彼女のルートがみたいなあ。
口調が好きでちょっと流行りました。(私の中で)


あと、絵がいいですね。
私はちょっとよくある萌え系の絵が苦手なので
とてもよかったです。

時空モノ、科学系が好きなひとにはおすすめです。






鋼の錬金術師

鋼の錬金術師 (1) (ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 (1) (ガンガンコミックス)
(2002/01)
荒川 弘

商品詳細を見る



これも最近読み終わった作品。
名前は知ってたけど、もっともっと少年向けのファンタジーかと思っていまして。
テレビかなにかで紹介されたあらすじをみて
これは思ってたのと違う!絶対好きな感じ!
と思ったまま、長いので手は出さずにいました。

死んでしまった母を作るために
禁忌を犯して錬金術で「人体練成」を行った兄弟が
そのために失った自分の体を取り戻すために旅をする。

兄は左足。弟は体のすべて。
兄は弟を取り戻すために右手を失いながら
弟の魂を鎧に定着させる。


作者の荒川弘さんの作品は「銀の匙」をサンデーで
先に読んでいました。最初から大好きで。
でもハガレンとはびっくりするくらい違う作風。
幅の広さに驚くばかり。

内容はかなりハードな描写もあって、
展開も重い重い。
2巻はほんとに鬱々とした気持ちに…。
そして4巻で叫んでしまいました。。
まだ4巻なのに!

どんどん登場してくるすべての人が
重要に物語に絡んで、最後まで破綻することなく
一本道を走り抜けるような作品でした。
作者は最初からテーマも物語の道筋もきちっと
固めて描いていたような印象をうけました。
途中でわけのわからない方向に走り出さず、
素晴らしいラストでした。

いちばん好きなキャラはホークアイ中尉♪
女性ですがいちばんかっこいい。
マスタング大佐とのなんとも言えない関係がさらに好きです。
暗号のやりとりはかっこよかったなあ。


ちょこっとネタバレすると

なぜかいちばん感動してしまったのが
グリード。
強欲のホムンクルス。
何もかもを欲しがる彼がいちばん欲しかったもの…。
最後のもう何にも要らねえやは感動。。

相方さんにはそこじゃないだろ!と言われましたが。
いや、もちろんアルがエドのために扉を開けるところも
すごくせつなかったです。

漫画で重いお話としては
久々の大ヒットでした。

巻末漫画とカバー裏も最高です。





CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ Portable

CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ Portable(通常版)CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ Portable(通常版)
(2011/10/13)
Sony PSP

商品詳細を見る


最初の紹介が乙女ゲーなのもなんなんですが
最近終わったゲームなので次に行く前に書いちゃいます。

乙女ゲームはこれが3本目。
ストーリーがおもしろかったと思ったのはこれが初めてです。
どうにも好みの話っぽいのでどうしてもやりたくて
これをやるためにPSPを買ったと言っても過言ではなく…。

やってみたらえらいはまりました~。
あ、ネタバレするのでやってない方は見ない方がいいですよ!
そして鷹斗の攻略は最後がおすすめです。





キャッチコピーは「君のいない世界なんて、いらない」

もう、この時点でノックアウトに近い。
廃墟好きなので、夢の世界もそうとうツボでした。

攻略はおすすめを調べて、理一郎→終夜→円→寅之助→鷹斗

理一郎は幼馴染ツンデレ。
ずっと撫子を大事に思っててよかった。
なぜか10年後の手紙で涙腺がゆるみました。
自分じゃなくても彼女が幸せであればそれでいいなんて
オトナな小学生だ…。

2週目は終夜。
いちばんいちばん悲しかった…。
なにこの残留エンド!ハッピーじゃないよ!?
そしてなにこのbad end!悲しすぎる!!
でも帰還end は幸せな感じでよかった。。

本当はここでトラを攻略しようと思ってたんですが
有心会に飽きたので(前ふたりの共通ルートが多かった)
円へ。
円は小学生のときのエピソードがすごくよかった。。
両親にはじめてわがままを言うエピソードはなんだか感動でした。
撫子に惹かれていく様子がかわいかった。

なのに…壊れた世界ではオマエは誰だー!
という変わりよう。目は、なんで細くなったんだ…弱視だから?
いや、私は好きだけど、細い目も。。
お話も好きで、この時点で円がいちばん。
でも、ここで初登場のメインヒーローに爆笑してしまう…。
なんだあのマントは!いくらキングだからって。。
しかも相当怖いというか気持ちわr…。。

そしてトラ。
これはもーなんていうか、エロいし病んでる。
ヤンデレっていうんですかね?
撫子ちゃん…心は小学生なのではなかったか。
とずっとつっこんでました。
しかも帰還end がびっくり~。
でもこういうのキライじゃないよ!
…好きだったよ、がせつなかった。

そしてそして、ラスボス鷹斗!
どうも円のときの印象が悪く(笑)引きぎみで始まる。
キスのくだりでさらに引く。
一緒に寝てでさらに…。
イヤ、でも大事に思う気持ちはよかった、うん。
悲しい人です、ほんとに。
個人的には鷹斗は小学生のときのほうが好きかな。
でも、この変態でお花畑な感じがいいキャラなんだ!

鷹斗ルートは帰還endを最後に見て
その後ひらいた「はじまりの記憶」でがつんとやられましたー。
やっぱりりったんがせつなすぎる…。。
そしてレインの黒い決意からの映画のようなエンドロールには
ぞくぞくして、終わってからちょっと放心しました…。

で。
最終的にがっつりはまったのが
攻略対象でもないレインでした。
黒幕だろうことは予測してたけど理由がせつない…。
あの、やる気ないしゃべり方とのギャップがよかったのかな。
声もすごく好きでした。

ただ、私はレインは撫子とくっつく展開は興味ないのです。
どうも少数派のような気がするのですが
彼には妹のレイチェルをずっと思っていて欲しい。
色んなひと巻き込みまくってどえらいことしたくせに
そんな簡単に変わらないでほしいなーという願望?
多少心を動かされても、そこは変わらないでほしいなあ。

お話的には鷹斗を思い通りにできず
炎の中消えていくラストが好き。
彼らしいと思います。

救済endはあれはあれで好きですけどね!
別の世界線ってことで!

いろいろ言いましたが、すべての(あ、長以外)キャラが好きです。
こういうのも珍しいんじゃないだろうか。
前の2本はムリだー…というキャラがひとりはいたので。
攻略対象以外の楓やカエル君もいいですよね。


しかしこのゲームはおまけがすごい。
しかもCGフルコンプしないとレインのCGコメント開かないとか
なにこの鬼仕様…。

まだ頑張れてません。
できるかなー…




はじめまして

はじめまして。
こはなと申します。

物語が好きで、おもしろければ基本ジャンルは問いません。

最近は乙女ゲームにハマり、ほぼ乙女ゲ、アニメブログです。
ギャルゲも時々プレイします。

能天気なものよりはせつなかったり、悲しかったり重めのものを好むことが多いです。
でもスポーツや職業ものも大好き。
基本的には気に入ったもの、良かったものを紹介していこうと思います。

同じような好みのかたとめぐり合えたらいいなあ。


■乙女ゲームプレイリスト

暗闇の果てで君を待つ
真・翡翠の雫(DS)
CLOCK ZERO 終焉の一秒(PSP)
AMNESIA
緋色の欠片(PSP)
ARMEN NOIR portable(フルコンプせず)
死神と少女
BLACK WOLVES SAGA -Bloody Nightmare-
BLACK WOLVES SAGA -Last Hope-
ガーネット・クレイドル ~鍵の姫巫女~(PSP)
夏空のモノローグ
冬桜抄(R18)
NOISE ―voice of snow―
NORN9 ノルン+ノネット
OZMAFIA!!
しらつゆの怪
越えざるは紅い花(R18)
月影の鎖 -錯乱パラノイア-
月影の鎖 -狂爛モラトリアム-
Confidential Money ~300日で3000万ドル稼ぐ方法~
私のリアルは充実しすぎている(フリーゲーム)
華アワセ 蛟編
カエル畑DEつかまえて
カエル畑DEつかまえて・夏 千木良参戦!
RE:VICE[D]
あやかしごはん
Code:Realize ~創世の姫君~
黒蝶のサイケデリカ
ヴァルプルガの詩
エンケルトビレット
絶対階級学園
DollyGirl(フリーゲーム)
Lethe(フリーゲーム)



☆最愛はCLOCK ZEROです!!

■美少女ゲームプレイリスト

加奈 ~いもうと~(PCR18)
planetarian ~ちいさなほしのゆめ~
月姫(R18)
Phantom PHANTOM OF INFERNO
魔法使いの夜
Fate/stay night [Realta Nua]
Ever17
CHAOS;CHILD

■女性向け同人ゲーム

花帰葬(本編のみ)
図書室のネヴァジスタ
図書室のネヴァジスタ The Fool

■好きなアニメ

天空の城ラピュタ
カウボーイビバップ
蟲師
ペイル・コクーン
イブの時間
バッカーノ!
ちはやふる
Fate/Zero
PSYCHO-PASS

■好きな漫画

BANANA FISH
蟲師
ちはやふる
ぼくの地球を守って
3月のライオン
ピアノの森
マホロミ
きのう何食べた?
あかく咲く声
夏目友人帳
鋼の錬金術師
クロサギ


■好きな声優さん


石田彰さん
杉山 紀彰さん
浪川大輔さん
前野 智昭さん
鳥海 浩輔さん

細谷 佳正さん
櫻井 孝宏さん
下野 紘さん

などなど…
プロフィール

こはな

Author:こはな
こんにちは。
こはなと申します。
すっかりただの乙女ゲとアニメブログですが
物語はジャンル問わず大好きです。
乙女ゲは永遠のCLOCK ZEROクラスタ。
プレイリストなどは→こちら


気軽にコメント頂けると喜びます♪


☆購入予定
 ・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
twitter
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。