スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大正×対称アリス(PC版) 感想



『大正×対称アリス』応援中!


大正×対称アリス epilogueまで終わりました!
とても楽しかったです。
「死神と少女」のライターさんですが、私はこちらの方が好きです。
こちらのほうが全体のお話がスマートなスッキリとした(終わり方というより分かりやすいという意味で)感じでした。
「死神と少女」はかなり考察的な、少し分かりにくく自分で答えを探す側面の強いお話だったのかなと思いますが、こちらは答えは明確です。でもやりこんで考察するとまた作者のひねりがどこかに隠れているような気がします。

もともと私はこういう童話モチーフ作品は苦手なのですが(プレイしたのはオズマフィアくらい?)、予想していたのとは違う展開で結果的には好きな類のお話でした。
正直エピソード1は主人公もやや苦手だし、キャラもそうでもないし、話もちゃんと楽しめるつくりにしてあるけどものすごい疑問と違和感があって…。
でもその違和感こそがいちばん大事なところでしたね。
その違和感のすべてに、すべてに意味がありました。
巻が進むごとにヒロインのことは好きになっていったのですが、最後の最後でやっと血の通った人間だったのだと目の前が広がる思いでした(笑)
自己投影どころか感情移入すら拒むようなヒロインでしたが、彼女にしか紡げない物語だったと思います。

早々にVita移植が決まり、これはコンシューマーでは無理だな!という予想をざっくり裏切ってくれました。
一部激しい表現があるんですが、その辺はどうなるのでしょうかね。
でも、個人的にはこのゲームは一気にやるべきだと思います。
まあ、私が序盤の展開が苦手だったからかもしれないですが、それぞれのルートの記憶がしっかりあるうちにエピソード3をやったほうが絶対楽しい。

どうしてもPCだとややマニアック感が否めなくなってなってしまうので、たくさんの方にプレイしてもらって、そして皆さんに松岡さんお疲れ!!と思ってもらいたいものです!ほんとにお疲れっす!!

Trackback

Trackback URL
http://hinakohanya.blog.fc2.com/tb.php/250-214e3eff

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

こはな

Author:こはな
こんにちは。
こはなと申します。
すっかりただの乙女ゲとアニメブログですが
物語はジャンル問わず大好きです。
乙女ゲは永遠のCLOCK ZEROクラスタ。
プレイリストなどは→こちら


気軽にコメント頂けると喜びます♪


☆購入予定
 ・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
twitter
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。