スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死神と少女 遠野十夜感想



おにーさんの攻略です。


…いやあ、ほんとに不思議なゲームだ。。


続きからネタバレ感想です。


私はシスコンのキャラが好きなのです。
それは恋愛感情でもただの兄弟愛でも、「とても大事に思っている」というのが
好きなんですが。。

なんだか最初からこの人には一切きゅんと来なかったんですよねえー。

もうやたらと死ぬほどどうかしてるんじゃないかというくらい愛情満載なのに。

ただ、恋人(もしくは伴侶)以外に自分をこんな風に受け止めてくれる存在が
いたらいいだろうなあとは思っていました。
それは親でも友達でも兄弟でもいいんだけど、イケメンのお兄さんなら最高じゃないですかー。

…とか思っていたら、本当に彼は紗夜を受け入れるだけの存在でございました。。
本物の兄ではなく、彼こそが死神。

なるほどな~。(こればっかり言ってる)

死神だと名乗っている蒼だけが死神らしくない綺麗な衣装だったのはこれを暗示していたんですかね。


「あなたを待っていた」

命を奪うために少女の前に現れたのに、こう言われて猶予を与えてしまう死神。
名前を与えられた死神は、からっぽの心に言葉を与えられ
徐々に感情も与えられる。

名前をつける、という行為はなんだかすごいことですよね。
言い方は悪いかもしれないですが、「所有する」に近いと思います。
親は子供を「自分のもの」だと思っているでしょうし。


紗夜を受け入れ、肯定することこそが存在意義となってしまった死神。


あのべったべたな愛情表現は紗夜の望みだったわけです。

最後まで、自分がたとえ死ぬのだとしても紗夜は愛され求められることを選んだのでしょうかね~。
普通はこんなことはないわけですが、もしあったらやっぱり転がっていっちゃうだろうなーと
私は思ったりします。
誰だって自分を肯定して愛して欲しいじゃないですか。それがイケメンのお兄さんなら(以下略)

ま、そこにはあんまり素晴らしい未来はないんでしょうけどね。

やっぱり桐島先輩が最高ですよ、うん。
このルートの先輩もかっこよかったなー。

十夜兄さんはあんまし好きじゃないけど、お話としてはひねりがあってよかったのでは。
ちょっと私には幻想的が過ぎて入り込めなかったけど。
「美しい幻想物語」だと公言しているのだから、面白くなかったというのは筋違いですよねー。

しかもエピローグのとってつけた感!!
ハッピーエンドにするならちゃんと別にエンディング用意しようよ…。
あの話は塔の話で終わらないとおかしいじゃないか。。

私のいちばん嫌いなご都合主義「最後になんだか奇跡の力で生き返る」でしたー…。


けっこうこれで色々纏まって終わった感があるので、蒼はどういう話になるのかなー。


長そうですがね~。


b_01.gif
関連記事

Trackback

Trackback URL
http://hinakohanya.blog.fc2.com/tb.php/50-deb8864f

Comment

とっちー | URL | 2013.01.02 06:22
はじめまして
今更コメントしてみます

このハッピーエンドに関しては死後の世界説とか残された桐島先輩などが描いた死神と少女のラストだとか様々な説を考察されている方がいますね
蒼ルートとの対比的にもおそらく現実にはガチで死んでるんだと私は思ってます
このゲームはなんというか解釈&考察ゲーだと思います
電波ゲーとも言えそうですがw

それでも納得いかないかもしれませんが…
私も最初はポカーンでした
こはな | URL | 2013.01.04 10:02
とっちーさんこんにちは~♪

コメントありがとうございます!
とても嬉しいです(*´∇`*)
お返事遅くなってすみません~!

死後の世界…なるほど。ふたりとも真っ白の服着てたり
なんだか暗示的でしたもんね。
そう思うと少し救われます(笑)

私は紗夜が、命を落としてでも「愛されたい」と願い
人ではない存在の十夜を求める以上、やっぱりハッピーエンドは
腑に落ちなかったのです。
終わり方としていいな、と思っていたので突然来たあのラストに
かなりショックでした。。

本当に色々な解釈ができる物語ですよね。
うんうん考えながら進める感じで楽しかったです。
最後どうしても合わなかったのですが、こういう
シナリオに重きを置いた作品がもっと増えるといいなーと思います^^
みー | URL | 2015.01.30 16:21
「ご都合主義」というのは設定の後付けや伏線を無視する事を言うので十夜エンドは全く違うと思いますが。
紗夜は1章からずっと「唯一であり永遠であり絶対である世界で1番美しい言葉」を探していて、それを見つけたからああいう結末になったという話だった筈ですから、設定の後付けも伏線の無視もされていません。単純にそれまでは悲劇的な話だったからいきなりハッピーエンドになった事にびっくりしただけでは? 私も正直あれには唖然としましたね。
最後に紗夜は死んでましたから、あれは飽くまでも死後の世界の話なのでしょう。死後の事など誰にもわからないのですから、ああいう終わり方もありなんでしょうね。
こはな | URL | 2015.01.30 20:15

みーさんコメントありがとうございます^^

解釈の色々ある分かりにくいお話ですよね。
私はすっかり生き返ったのかと思い、かなりがっかりしてしまってあまり考察のようなものをしませんでした。
他の方に死後の世界と言う解釈もあると聞いてなるほどと思いました。
それでもはっきりしない以上あそこで留めておいてほしかったなーというのが正直な感想です。
はっきりさせることはこのお話を損なうのかもしれませんが。。
私はあまり考察を楽しむタイプではないので、このお話をきっとちゃんとは受け止めていないのでしょうね。





Comment Form
公開設定

プロフィール

こはな

Author:こはな
こんにちは。
こはなと申します。
すっかりただの乙女ゲとアニメブログですが
物語はジャンル問わず大好きです。
乙女ゲは永遠のCLOCK ZEROクラスタ。
プレイリストなどは→こちら


気軽にコメント頂けると喜びます♪


☆購入予定
 ・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
twitter
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。